実は難しいバイクのコーナリング

motorbike-1

バイクは自動車と違って傾けなければ曲がれません。乗り始めたばかりの頃はバイクを傾けることが怖く感じることもあるかもしれませんが、バイクを傾けることでスムーズに曲がることができるようになります。うまく車体をコントロールして綺麗なコーナリングができるようになりましょう。

コーナリングの姿勢について

タイヤが二つしかないのでコーナーに入ると遠心力で外側に引っ張られる力が働きます。その遠心力に負けないようにバイクを傾け重心を内側に持っていく必要があります。また、バイクを傾けることで自然にハンドルが切れスムーズにコーナリングできるようになります。

コーナーリングの姿勢

リーンウィズ

コーナリングの基本的フォームです。軽くニーグリップしてバイクと一緒に上半身を傾けます。
特別な理由がない限りバイク初心者はリーンウィズでコーナーを回りましょう。

リーンイン

上半身をバイクよりもコーナーの内側に持っていき同時に内側のステップに体重をかけコーナリングします。他の姿勢に比べてバイクをバンクさせる角度が浅いのでバイクがスリップしづらい特性があります。

リーンアウト

バイクから先に傾け上半身はアウト側に起こします。バンク角が深くなるのでより小回りのきくコーナリングといえます。オフロードバイクやモタードなどに乗るときはこのやり方でコーナリングをさせます。

ハングオフ(ハングオン)

バイクのレーサーなどがコーナリングをする時にする姿勢です。
レースなどでコーナーを周る時は、姿勢を低くし少しでも重心を内側にすることで高速走行を維持したままコーナーを回っていくのです。

コーナリングのポイント

それではどうすれば上手なコーナリングが出来るのでしょうか?
一つずつポイントを見ていきましょう。

カーブ手前でしっかり減速

コーナリングにはカーブに入る前のしっかりとした減速が非常重要です。
しっかりと減速できていればどんなカーブでも安全に回ることができます。

一見簡単なことですが、意外とできてない人が多いのです。
減速が不十分だとコーナ中などにブレーキをかけながら回ることになります。

一応それでも回れなくはないのですが、非常に危険です。
スピードの出過ぎでコーナーを回れず対向車線に出てしまうかもしれません。

また、コーナー中にブレーキをすると、タイヤがロックされてスリップの原因にもなります。

出来る限りコーナーに入る前にスピードを落としきった方が余裕を持った安全なコーナリングが出来るのです。

カーブ中はギアチェンジなどの操作はしない

カーブ中は無理にギアチェンジなどの操作はせずに、ハンドリングに集中しましょう。

ギアチェンジなどの操作はコーナに入る前や、出る直前などにやっておくのです。

コーナーに入る直前にしっかり減速+ギアを落とす。

コーナーから出る直前に速度を上げる+ギアを上げる。

といった具合です。

視線は常に先を

コーナ中の視線は常にコーナーの出口を見ましょう。

バイクは基本自分の見ている方向に進みます。
その為、コーナーの出口ではなく別の方向を見ていると、視線の先にバイクが進んでしまいきれいにコーナを回れなくなりますので注意してください。

ですから、コーナリング中は常に行きたい方向。
つまり、コーナの出口をまっすぐ見ながら進んでいきます。

motorcycle-1

上の写真のライダーの視線を見てください。
つねにコーナーの先を見ていますよね?

コーナーリング中は常に出口を見ながら運転するときれいなラインで回れます。

まとめ

バイクのコーナリングについての記事ですが参考になりましたか?

私も偉そうな事を言っていますが、バイクの教習所ではコーナーリング中で何度かコケました。

私の場合は、コーナリング中に恐怖からかコーナーの出口ではなく、手前ばかりを見てしまい結局回りきれなくなって転倒しました。

またある時は、八の字のような連続コーナーでハンドル操作とギアチェンジを同時に行い、操作がこんがらがってエンストさせてしまった事もあります。

タイトルにもある通り、コーナリングは意外と難しいのです。

私も最初は苦手でしたが、慣れるとコーナリングは楽しいです。
少しずつ慣れてきれいにコーナーを回れるようになったら友達とツーリングにいってバイクを楽しみましょう!

SNSでもご購読できます。