実は重要!バイクに乗る時の服装

bike-1

バイクに乗る上で服装は重要です。ファッション性はもちろん、できるだけ安全性も考慮した物を着用したい所です。
車と違ってバイクにはフロントガラスもなければシートベルトもありません。事故をした時体を守ってくれる物は何もないので少しでも安全性の高い服装を着て事故のダメージを減らさなければいけません。
バイクに乗る時は普段以上に服装にも気を配りたいですね。

バイクに乗るときの服装

ヘルメット

ヘルメットは当然必要なのでしっかり着用しましょう。
ちなみに私はフルフェイスヘルメットを持っています。 安全性の面もそうですが、防寒対策にもなるのがいいです。
バイクの色やよく着る服の色などを考えて自分に合ったヘルメットを着用しましょう。できれば買う前にお店で試着させてもらうといいでしょう。
バイクの種類によってはフルフェイスだとかっこ悪く見える場合もありますので、自分の乗るバイクや技量に合わせてヘルメットを選ぶと良いでしょう。

ジャケット

私はほとんど私服のままです。
ただ、できるだけ肌を出さないようにしています。
冬場は特に寒いので風を通さない素材のものを選んで着るとよいでしょう。
バイクの防寒対策は日常生活と違って少し特殊です。いくら温かいからと言ってセーターなどの風通しやすい素材で運転をするとものすごく寒いです。素材選びには注意してください。できれば、バイク用のライダースジャケットなどがおすすめです。

夏の場合は冬ほど気を使う必要はありませんが、日焼け対策や風が肌に当たって夕方などは体温が下がりやすいので遠出する際は必要なさそうでも一枚余分にシャツを羽織ったりしています。

グローブ

夏は薄手のグローブ、冬は厚手のグローブを用意して着用しています。めったにないとは思いますが、バランスを崩して転倒する際には無意識に手を出して体を支えようとします
。手は怪我をしやすく、素手のままだと想像以上に深い怪我になることもあるので念のためグローブは着用しておいたほうがいいでしょう。

ブーツ

たまに街中でスニーカーやサンダルをはいてバイクに乗っている人を見かけますが、足首までしっかり覆ったバイク用のブーツをオススメします。
私は夏でもバイク用のちゃんと足首までガードしてくれるブーツをはいています。
バイクで転倒した場合足を下敷きにしてしまうことがあります。特に足首は骨折などの怪我をした場合直りにくい部分になるので安全のために足首までしっかり固定したブーツを用意しておいたほうがいいでしょう。また、バイク用のブーツの場合ギアチェンジの操作もやりやすくてとても楽です。

バイクに乗る時の服装は重要

バイクに乗る時の服装は重要です。
初心者のうちはしっかりと準備をして、万が一の時に少しでも被害を減らせるようにしておきましょう。

特にヘルメット選びは重要です。値段が高くとも良いものを選びたい所です。
頭部は生命に関わるとても大切な場所です。
それを守るヘルメットはバイクの装備の中でもっとも重要です。
初心者も上級者もヘルメット選びだけは妥協しないで良いものを選んでください。

[myphp file=’helmet’]

SNSでもご購読できます。