バイクの種類

bike-2

バイクには様々な分類がありそれぞれ特徴が異なります。分類によって得意な道や乗り心地、デザインなどが異なります。バイクを購入する前に目的や用途を考えて自分に合ったバイクにを選ぶことができれば納得がいくバイク選びができるはずです。

バイクの種類

ネイキッド

バイクを多く覆うカウルがない事からネイキッド(裸)と呼ばれるバイクです。スダンダードなバイクで教習所でお世話になるホンダのCBもこの形です。

クラシック

古いデザインのバイクです。カワサキのwなどがこの形ですがおしゃれで今でも人気があるタイプです。

スーパースポーツ

カウルに覆われたボディで空気抵抗を減らします。レースに使われるような技術を搭載したバイクで加速性、最高速度ともに最高クラスのバイクです。

ツアラー

長距離を走るためのバイクです。車体が大きく重量感がありますがその分安定感があります。パニアケースやトランクを取り付けたりでき積載量も十分です。

ビッグスクーター

オートマ操作で気軽に運転できるバイクです。デザイン性の向上などから若い男性に人気のバイクです。

クルーザー/アメリカン

大型のバイクでゆったりとしたポジションが特徴です。ハーレーダビットソンなどがこのタイプのバイクでファッション性も高く人気のバイクです。

ディアルパーパス

オンロードもオフロードも両方こなせる万能タイプのバイクです。車体が軽くてコンパクトなので女性にも人気があります。

モタード

オンロード用のタイヤを履いたオフロードバイクです。オフロードバイクに比べ小径のタイヤを履いている事が特徴で基本的にはオンロードを走るためのバイクですがオフロードもそこそこ走れます。

オフロード

砂利道や林道など未舗装路を走るためのバイクです。オフロードだけでなくオンロードもそこそこ走れ道を選ばすどんな場所でも走れるのが特徴です。また車体が軽く扱いやすく初心者におすすめです。

まとめ

バイクにも色々な種類があります。
自分の好みに併せて好きなバイクに乗りましょう。
バイク初心者はスポーツタイプの様なかっこいいバイクや、ビッグスクーターのようなおしゃれなバイクを選びたいのではないでしょうか?

私も最初はスポーツタイプのバイクに惹かれてバイクに興味を持った一人です。
でも、結局はオフロードバイクを買いました。
知り合いのバイク乗りに、最初にオフロードバイクに乗っておくと上達が早いと聞いたからです。
今では私もすごく納得しています。
オフロードで林道やダートなんかを走るとめちゃくちゃ上達します。
また、オフロードバイクは車体が軽く傾けやすいので、ハンドルで曲がるのではなく車体を傾けて曲がるという感覚が身に付きやすいです。

人によってバイクを選ぶ基準は様々です。
もちろん、見た目で選んでも良し、実用性で選んでも良し、私のように上達したいという目的で選んでも良し。
自分の目的に合わせて選びましょう。

SNSでもご購読できます。